イベントを通して、自分で自分を温める

よもぎde古民家生活

 
微かに聞こえる風の音、あちこちから覗いてくる春の色、大自然のギフトが今年もたくさん届きました。
 
鳥の声で目覚める朝、ピンと目がさめるほど冷たい湧き水、釜戸で炊いたごはんの芳ばしい香り、こんなに贅沢な日常がここにあります。
 
大自然の中、春のよもぎを摘んだら何を作ろうか。よもぎ餅?ゴマ豆腐?よもぎってどんな効果があるの?なんて、囲炉裏の火を囲んだら時を忘れて話しこんでしまう不思議があるんです。
 
そんな静かな山の中の日常を体験しにお出かけください。
 
 

よもぎde古民家生活詳細

集合:2017年5月27日(土)13:00
 
解散:2017年5月28日(日)13:00
 
場所:かり〜にゃ(民泊 福田屋)長野県伊那市高遠町
 
内容:伊那谷の里山での生活を体験
(よもぎ摘み、よもぎ餅、よもぎのゴマ豆腐作り、よもぎのお話、よもぎケア、釜戸でごはん作り、囲炉裏でのんびり過ごすetc。詳細は申し込み後、おしらせします)
 
参加費:19,800円(税別)
1泊3食温泉付、他体験費用込み
 
定員:4名(最低催行人数2名)
 
※伊那市バスターミナルまで送迎可能
※お申込み後、1週間以内にお振込にてお支払いお願いいたします。
※キャンセルポリシー、準備の都合上、5日前〜50%、前日〜100%お支払い頂きます。
 
お申し込み: